BD-3055

thumbnail
thumbnail

BD-3055

 ※←「モータ特性」の見方はこちらをご参照下さい
 

注1:「モータ特性」はモータフランジにアルミ放熱板(71X71X5t)を取り付けた時の特性です。
グラフの見方は上記「グラフの見方(例)」をご参照ください。

注2:モータにオプションとしてギア、エンコーダを取り付けることが出来ます。下記ご参照ください。

 

モータ仕様

項目 単位 型番
BD-305501 BD-305502 BD-305541
 極数 Pole 2 2 4
 電源電圧 V 24 ± 5% 24 ± 5% 24 ± 5%
 線間抵抗 Ω 2.1 7.3 1.5
 トルク定数 mN-m/A 29.5 53.7 30.9
 逆起電圧定数 V/K rpm 3.09 5.62 3.24
 無負荷回転数 rpm 8100 4700 7400
 最大連続電流 A 2.1 1.1 1.7
 最大連続トルク mNm 56.4 52.3 50.1
 定格回転数 rpm 6200 2900 6300
 定格出力 W 36.6 15.9 33.0
 慣性モーメント g・cm2 15.5 15.5 16.1
 重量 g 210 210 210
 対応ドライバ BSD-36-****
(最高速度)
1024-△ 010
( 5000 rpm )
1024-△ 011
( 5000 rpm )
1024-△ 0AA
( 5000 rpm )

注1:この数値はドライバやエンコーダによって制限を受けます。
注2:ドライバBSD-36シリーズの標準品は最高速度が5,000回転に設定されておりますが、特注対応 (カスタム) にて5,000回転超の駆動が可能です。本WEBサイト「お問合せフォーム」より、ぜひご相談ください。
 

 

エンコーダ付き


 

 エンコーダタイプ 磁気式インクリメンタル
項目 単位 エンコーダの仕様
 電源電圧 V cc DC + 5V ± 7%
 消費電流 mA 50
 出力電圧 V High ≧ 4.6V / Low ≦ 0.4V
 最大出力電流 mA ± 1.5
 チャンネル数 ch 3 (A, B, Z)
 最大応答周波数 kHz 700
 出力回路 電圧差動出力とTTL 出力の共用
 出力パルス数 Pulse/Rev 512

 

 

ZFPギヤ付き


 
ギヤ付モータ定格特性

BD-305501G ZFP 1/xxx

減速比 5.4 20.7 29.4 79.2 ※112.5 ※160.0 ※302.1 ※429.6 ※610.8 ※868.4
 最大連続トルク N・m 0.276 0.947 1.346 3.262 4.633 6.000 10.000 10.000 10.000 10.000
 定格回転数 rpm 554 146 103 38 27 21 11 11 10 7
 定格出力 W 16.0 14.5 14.5 13.0 13.0 13.0 12.0 12.0 10.6 7.5
 寸法 L mm 35.2 42.1 42.1 53.4 53.4 53.4 64.7 64.7 64.7 64.7

 

BD-305502G ZFP 1/xxx

減速比 5.43 20.7 29.4 79.2 112.5 ※160.0 ※302.1 ※429.6 ※610.8 ※868.4
 最大連続トルク N・m 0.256 0.878 1.248 3.025 4.296 6.000 10.000 10.000 10.000 10.000
 定格回転数 rpm 534 140 98 37 26 18 10 7 5 3
 定格出力 W 14.3 12.9 12.9 11.6 11.6 11.4 10.0 7.1 5.0 3.5
 寸法 L mm 35.2 42.1 42.1 53.4 53.4 53.4 64.7 64.7 64.7 64.7

 

BD-305541G ZFP 1/xxx

減速比 5.43 20.7 29.4 79.2 ※112.5 ※160.0 ※302.1 ※429.6 ※610.8 ※868.4
 最大連続トルク N・m 0.245 0.841 1.196 2.898 4.115 5.852 9.991 10.000 10.000 10.000
 定格回転数 rpm 624 165 116 43 30 21 11 11 10 7
 定格出力 W 16.0 14.5 14.5 13.0 13.0 13.0 12.0 12.0 10.8 7.6
 寸法 L mm 35.2 42.1 42.1 53.4 53.4 53.4 64.7 64.7 64.7 64.7

注1:※印の減速比でご使用の場合は、ギヤヘッドの許容出力トルクを超えない範囲でご使用をお願いします。
注2:均一負荷の場合の値です。
 

Page Top