ガルバノスキャナの構成

ガルバノスキャナとは

ガルバノスキャナ

ガルバノスキャナはレーザ光を反射するミラー走査角度を調整するためのモータで、高精度な位置センサを搭載しています。レーザマーカや顕微鏡、LiDARなど、レーザ光と組み合わせて幅広い用途で使用されています。

全体構成

ガルバノスキャナの構成

ガルバノスキャナは:

  1. ミラー ‥‥ レーザ光を反射する
  2. スキャナ ‥‥ ミラーを動かす駆動源
  3. ドライバ ‥‥ スキャナの位置制御を行う

 
上記3点で構成されます。

ミラーに反射するレーザ径によりミラーサイズが決まり、ミラーサイズによりスキャナが決まり、それからドライバが決まります。レーザ径が決まれば、必然的に最適な仕様が決まっていきます。

ミラー

ガルバノスキャナ ミラー

レーザ光を反射する部品です。スキャナに取り付けられます。

使うレーザに応じて、大きさやコーティングが違います。

反射するレーザ径によって大きさが変わります。大きいミラーであるほどイナーシャを持つため、高速で動作させることが難しくなります。またレーザの強さ(ワット数)によってもより大きなミラーが必要になる場合もあります。

スキャナ

ガルバノスキャナ スキャナ

ミラーの位置(角度)を制御する装置です。

そのためにセンサーがついており、現在位置が分かるようになっています。ミラーのサイズや動かし方によって必要なトルクが変わります。

大きなミラーであれば、大きなスキャナが必要です。

 

ドライバ

ガルバノスキャナ ドライバー

スキャナに動かすための電力を供給する装置です。

スキャナに搭載したセンサからの位置信号とモータ電流、コントローラからの指令信号を基に演算し、高速で正確な位置制御を実現しています。

 

周辺機器

ガルバノスキャナ 周辺機器

またガルバノスキャナを動かすためには:

  1. 直流電源 ‥‥ ドライバに電源電圧(±15V or ±24V)を供給する
  2. コントローラ ‥‥ スキャナ位置をドライバに命令する(位置指令信号を送る)、サーボをオン/オフする

 

上記2点も必要になります。

Page Top